Hizuka Kenchiku_肥塚建築
資料請求・お問合せ
トップページ新築住宅リフォーム修繕・メンテナンス職人紹介肥塚建築について
新築住宅
世代を超えて愛される家づくり
何百年も受け継がれる家
ヨーロッパや日本の小京都と言われる街並みは心が癒され、魅了されます。何百年も経つ建物も数多く残っています。 一方で、日本建築の寿命は欧米に比べ極端に短いと言われます。1400年前に建立された世界最古の木造建築を生み出す日本の住居が、何故これほどまで寿命が短いのでしょうか?
日本の住宅寿命が短い理由
震災や耐震偽造事件などをキッカケに、多くの欠陥住宅がメディアに露呈されました。これは、戦後の日本の住宅政策は供給量に重点が置かれ、粗悪な住宅も多く供給されてきたということです。 更に日本の法律では木造建築の耐用年数は24年と短く、銀行は担保評価も低く見積るため、以前はリフォームでローンを組むのが難かったことも、その一因かも知れません。
永く住まい続けられる家の条件
何百年も昔の木造建築であっても良質な住宅は数多く残っています。それら良質な住宅は時代の変化に合わせた住環境に変更することで更に何百年も住み続けることができます。お住まい頂く方々が「家」に愛着が持て、次世代に残したいと思えれば、より永く住まい続けることが出来るでしょう。

写真:山形県鶴岡市の古民家
イメージ
意匠(デザイン)×ライフスタイル=癒しの空間
ご家族にとって『家』は安らぎと癒しを得る空間である必要があります。アパート暮らしをご経験の方は、お隣の音、日当たりが悪いなどの理由で引越しされた方もいるかも知れません。それ程、住環境は人にとって大切なことです。
人の心に作用するデザイン
デザインには癒しの効果を与えたり、気分の高揚効果があり、人の感情に作用します。例えば、同じホテルでも東京都心にある高級ホテルと、沖縄やバリ島などのリゾートホテルでは雰囲気も異なり、受ける感情も異なります。ご家族が、どの様な心の状態でありたいか、どんな雰囲気が落ち着くのか考えることは、とても大切です。
癒される空間とは
ご家族が望むライフスタイルに合ったデザインを選ぶことで、家で過ごすことが楽しくなり、ストレス発散効果も生まれます。ご家族にとって最も癒される空間づくりを行っては如何でしょうか。

写真:I様邸(魚津市坪野)
イメージ
意匠(デザイン)
デザインの要素は大きく2つあります。
それはスタイルとカラーです。
スタイルとは、デザインの様式を表します。
例えば、和風(古民家、純和風、和風モダンなど)、
洋風(カントリー、プロバンス、北欧など)、アジアン、モダンなどです。

和風モダンの様に2つのスタイルが合わさったものなど、様々な種類があります。
一方でカラー(ホワイト、ナチュラル、ダークなど)によっても雰囲気が変わってきます。
どの様なデザインが良いかはお部屋の用途によっても変わります。

肥塚建築では和のデザインを中心に、
経年変化による内外装の色合いの変化や
景観も意識したデザインづくりを考えています。
古民家スタイル(クラッシックスタイル)
古い農家や町屋に見られる建築スタイル。色調が濃く、落ち着いた雰囲気になります。照明やインテリアによっては可愛らしいカフェスタイルにもできます。
和モダンスタイル
和のスタイルを基調に現代風なテイストを入れたデザイン。古材やアンティーク家具と明るい天井や壁のコンストラクトが、落ち着いた雰囲気を作っています。
クールジャパンスタイル
(シンプルモダンに和テイストを考慮したデザイン)黒を基調色にモノトーンなモダンスタイルに和のテイストを付加したスタイル。間接照明を用いると、とても落ち着いた雰囲気になります。
ナチュラルスタイル
木の素材が持つ暖かい柔らかな雰囲気を最大限に活かしたデザイン。木の持つ癒しの効果を感じることが出来ます。
アジアンスタイル
和に似ているので日本人がとても落ち着く雰囲気になります。家具や雑貨、照明などを変えるだけで、南国のリラックスした雰囲気を味わえます。
アンティークスタイル
古さ感を取り入れた柔らかいデザイン。和風スタイルにも洋風スタイルにもできます。家具や小物によっても雰囲気を変えることができます。
世代を超えて愛される家づくり
ライフスタイル(生活の仕方)は人それぞれで異なります。あなたやご家族のライフスタイルは如何でしょうか?以下にいくつかのライフスタイル例を上げてみます。

•家族と一緒に家で映画や音楽を楽しむ
•友人を集めて料理や食事会を楽しむ
•書斎の様に本に囲まれた生活を楽しむ
•雑貨やインテリアに囲まれて生活を楽しむ
•自宅をオフィスに独立開業する人
•趣味のコレクションに囲まれた生活を楽しむ

あげればキリがありませんが、この様に多種多様なライフスタイルがあります。家造りにライフスタイルを取り入れることで、家が機能的で、寛げる空間にすることができます。ライフスタイルを楽しめれば、より生活が豊かになることでしょう。

写真:薪ストーブ
イメージ
趣味を楽しむ
週末は、家族で料理したり、映画を見たり、家で寛ぐことも多いと思います。ご家族が大切にしている趣味を最大限に楽しめる様な空間をご提案します。
ペットのいる暮らしを楽しむ
家族の一員であるペットは、部屋の中で家族と一緒に過ごします。そこで、気になるのが臭いや傷ではないでしょうか?ペットと生活しやすい空間をご提案します。
薪ストーブのある暮らしを楽しむ
薪ストーブは人気のある住宅設備の一つです。寒い冬も柔らかな熱で部屋を暖め、薪の香りが癒しをもたらせてくれます。調理にも利用でき、薪ストーブのオーブンで作った料理はより美味しく感じるでしょう。
お子様と一緒に薪割りを楽しんでみては如何でしょうか。
家庭菜園を楽しむ
庭のちょっとしたスペースや農地を借りて家庭菜園を楽しむ人が増えています。収穫した野菜や農機具を洗ったり、収納できる空間があるとより便利です。
建築の種類
世代による家の種類
家は家族構成や住まい方によって様々な種類があります。親子のみの核家族による単世帯住宅や複数の世帯が同居する2世帯住宅、2.5世帯住宅、3世代同居住宅などがあります。2.5世帯住宅は2世帯住宅に兄弟も住まう場合で、サザエさん一家がそれに当たります。 複数の世帯が同居する場合は、生活時間が異なるケースが多いため、プライベートゾーンとパブリックゾーンを意識してプランニングする必要があると言えます。
仕事と住居の併設
自営業の方は家が仕事の場所であるケースも多く見られます。その場合、事務所や店舗が自宅の近くにあると時間ロスが少なくメリットが大きくなります。そのため、事務所・店舗併用住宅が便利です。
収納としての建物
居住以外の建物としては、車庫や納屋があります。農家の方であれば、農機具などを仕舞うのに欠かせません。最近では、一階を車庫や納屋にして2階を居住スペースにする方も増えています。 ライフスタイルに合わせた建築スタイルを考えてみては如何でしょうか?

写真:M様邸(魚津市蛇田)
イメージ
複世帯住宅
■2世帯住宅
週末は、家族で料理したり、映画を見たり、家で寛ぐことも多いと思います。ご家族が大切にしている趣味を最大限に楽しめる様空間提案します。
■2.5世帯住宅
二世帯住宅に兄弟が一緒に暮らすスタイル。
■3世代住宅
三世代が同居します。
単世帯住宅
家族の一員であるペットは、部屋の中で家族と一緒に過ごします。そこで、気になるのが臭いや傷ではないでしょうか?ペットと生活しやすい空間をご提案します。
車庫・納屋
■車庫
雪の多い富山ではカーポートより壁付車庫がとても人気です。雪や黄砂で車の汚れを防いだり、夏の直射日光も防ぐので車の傷みを軽減します。
■納屋
農家や自営業の方は資材・機材を置くのによく使われます。二階スペースを子世帯の部屋にする場合もあります。
平屋住宅
庭のちょっとしたスペースや農地を借りて家庭菜園を楽しむ人が増えています。収穫した野菜や農機具を洗ったり、収納できる空間があるとより便利です。
店舗・事務所
自宅に併設の店舗や事務所の他に、木の質感を出した自然素材を売りにした店舗では木造で作る場合もしばしばあります。木の香りが癒しの効果も与えてくれます。
店舗併用住宅・店舗・事務所
自宅と店舗が併設しているパターンです。家と繋がっているので、家事と仕事を両立したい女性の方や、家族との時間を大切にしたい方にはお勧めです。